切手買取の評判口コミ

\高く売るならまず査定/

トップページ

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理で切手が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、もう不要になってしまった切手を整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】切手を売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

切手は年々人気が下火になっているようです。そこで、できるだけ早く人気があるうちにということで買取・売却を考える人が増えています。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今では出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、全国チェーンの買取専門業者であれば、変な値段で買いたたかれるようなリスクが少なそうという安心感がありますよね。

あとは、出張買取の場合は品物を運ぶリスクがありません。(収納場所から出すときぐらいでしょうか)

予定していた切手以外にも貴金属などを一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\切手が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【切手買取実績はこちら】
日本切手、小型シート、ゆうペーン、ふるさと切手、年賀切手、お年玉切手シート、戦前切手、記念切手、特殊切手、普通切手、中国切手、国連切手、海外切手、外国切手、収入印紙、年賀状、ハガキ、など

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、不要品を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

タンスに眠っている切手などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、女性の方も安心してご利用を検討してみてくださいね。

切手買取によくあるQ&A

今一番注目されている切手買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古い切手が大量に出てきました。切手の買い取りって枚数制限はありますか?

A. 基本的に枚数制限はありません。切手の枚数が多いほど買取価格が上がります。

切手を複数枚持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方が査定金額は高くなるのでおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切な切手を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • まとめて売る
  • 付属品や証明書があれば一緒に売る

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれる切手は人気の色や柄などが関係してくるようです。

あとは、人気の高いものは市場価値が上がるのでその分高く買い取ってくれるようですね。

切手買取の基礎知識コラム

知らない人はいないと思いますが、本来、切手は郵便物に使う時のような大きさに一つずつ切り分けてあるということはありません。

元は何枚かの切手がまとまった状態のいわゆる「切手シート」として印刷されます。

切手を買取に出すときには切手シートの形であっても買取は可能で纏まっていない切手で売るより高く買い取られることになることが多いです。

外国切手というと使い道のないイメージではありますが海外の独特なデザインにより、ある一定の人気がありことのほか収集している人の多い切手だったりします。

そういう訳で、買い取っている業者もかなりありますが、レアなものでない時や、バラバラに収集されたものは、認められないこともよくあります。

仮に切手を買い取ってほしいという場合、第一にリサーチにより高く買い取ってくれるようなところを見つけるのがいいでしょう。

そんな時に、ネット上にあふれる口コミをチェックするのがいいでしょう。

生の意見が書いてあり、どこの業者を選んでいいか分からないときに参考にすることが出来ます。

なお、業者の信頼度をはかるための参考として役立てることが出来るので、複数のページで比較検討してみるのがいいと思います。

お年玉付き年賀はがきの末等が当たり、ふと見てみれば結構な枚数になっていました。

はがきの他には電子メールで用件が済んでおり、年賀切手を貼るような文書はなく、切手を貯めておいても仕方ないと思いました。

身近に金券ショップがあり、今まで貯まっていた年賀切手をまとめて持って行きました。

運転免許証を見せなければなりませんでしたが、郵便局ではがきに換えるよりはいいお金になったのでうまく不要品処分ができました。

ある切手の買取価格を知りたいとします。

額面以外の価値については売り手と買い手の駆け引きによって少しのことで変わっていくので価格は一定しないと考えてください。

そんな中で、自分が切手を買い取ってもらうとき、今、一番高く買ってくれるところに売りたいと思わないわけにはいきません。

それなら現在の切手の買取価格はどうか、相場を調べ続けるか買取の査定を定期的に何度か受けるという手間を惜しまないでください。

収集した切手を実際に売る場合に関心があることというと買取の値段がどれくらいになるかですよね。

人気の高い切手だった場合、高価格で買い取ってもらいやすいので可能な限り高価格で、切手を買い取ってほしいなら、市場でのニーズをある程度知った上で提示の買い取り金額の妥当性を見極めましょう。

買取業者に切手を見てもらった後で、査定額が予想と異なっていたり、思い出のある切手だったりして、思い直して、家で保管したいと思うようになることもないとは言い切れません。

査定してもらった後にキャンセルしたとしても、業者によってはキャンセル料を取らないところもあります。

買取の手続きをする場合はあらかじめ、査定に料金は必要かどうか、買取をキャンセルすると取消料を取られるか、といったことを確認することが重要です。

通例では買い取る切手がどういう状態であるかをよく見て、切手料金から幾らか引いた値段が買い取ってもらう切手の価格となります。

しかし例外もあり、マニアにとって希少価値が高いためプレミア的になっている切手はそれ以上の値段が付くことも多いです。

切手を売るつもりだが価値が判断できないという時にはインターネットを参考にするか、切手を買い取ってくれる業者に査定を依頼しましょう。

額面プラスアルファの価値がありそうな切手の場合、専門業者に買い取ってもらおうとしても査定の時には現状を見られて切手の最終的な価値を決められます。

それならば、入手したときの状態を保って相場に見合った、あるいはそれ以上の値段でプレミアムな切手を売ることに挑戦するならば、いつも切手の保存状態には業者目線で気配りを欠かさないでください。

バラの切手でも買い取ってもらえるようです。

私は詳しくなかったのですが切手買取の際の台紙への貼り付け方を調べてみたところ、適当にではなく綺麗に並べていないと受け付けてもらえないようなのでちょっときつそうです。

しかし、貼り付けてあった方が高く買い取られるのなら、少しやってみるのもいいと思います。

切手買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめの切手買取業者なら/

切手の高価買取なら